MAGAZINE

おいしい+マガジンMAGAZINE

糖尿病でもお酒を飲んでも良い? 糖尿病とアルコールの関係とは

糖尿病になるとお酒は控えないといけないと思う方も多いのではないでしょうか。は、糖尿病になっても適量であればお酒を飲んでも良い、という意見もあるんですよ。糖尿病とアルコールの関係とは? 血糖値が高い時のお酒の飲み方の注意点とは? 厚生労働省の情報をもとにご紹介します。

お酒は糖尿病の原因の一つ?

お酒といっても、ビールやウィスキー、ワインに酎ハイと色々ありますよね。中には、糖質を多く含むお酒もあります。お酒をたくさん飲むことで糖質を摂り過ぎてしまうと、糖尿病に繋がりやすくなってしまいます。

なぜお酒をたくさん飲むと糖尿病につながるのでしょうか?

通常、糖質は体に取り込まれるとブドウ糖に分解され、血液を介して全身にエネルギーとして運ばれます。この時、高くなり過ぎてしまった血中のブドウ糖濃度(血糖値)を抑え、一定に保つため膵臓からインスリンが分泌されます。

たくさんのお酒を飲み続けてしまうと、インスリンの分泌を促すβ細胞が破壊され、インスリンの分泌低下を招きやすくなる可能性が指摘されています。

ですから、お酒を過剰摂取してしまうと、血糖値が下がりにくくなり、結果的に糖尿病発症リスクを高めてしまいます。また、アルコール成分は臓器の機能にもマイナスの影響を与えてしまう恐れがあります。

糖尿病を防ぎながらお酒を楽しむコツとは?

お酒の過剰摂取は、血糖値や臓器の機能に悪い影響を与える恐れがあると言われています。一方で、厚生労働省によると適度な飲酒は糖尿病の抑制に効果的に働く可能性もあという研究が多数あるそうです。

お酒が好きな方にとって、断酒は苦しいかもしれません。程よいお酒との付き合い方を考えていくのがオススメです。糖尿病になりにくいお酒の飲み方についてご紹介します。

【糖尿病を防ぎながらお酒を楽しむコツ 1】お酒を飲む際に十分な食事を摂る

食事をとらずにお酒を飲むのはやめましょう。十分な食事量がないと、アルコールの代謝に関わる様々なものが不足し、逆に低血糖発作を引き起こしてしまう恐れがあります。

【糖尿病を防ぎながらお酒を楽しむコツ 2】おつまみの選び方に気をつける

お酒のお供には、低脂肪で高タンパクな料理を選ぶようにしてください。食材で言うと、豆腐・枝豆・イワシ・鶏肉料理などがオススメです。また、調理方法では揚げ物など脂質が高い料理にはご注意ください。カロリー摂取が多すぎると、高血糖になる可能性が高まります。

【糖尿病を防ぎながらお酒を楽しむコツ 3】お酒の量は控えめにする

1回の飲酒の際に、お酒はどれくらいの量を飲んでいますか? 

厚生労働省でが、血糖コントロールが良好で合併症がないなどの場合の「適度な飲酒量」を男女別に紹介しています。

・男性で純エタノール換算1日20g以下

・女性でその半量以下

 

お酒の種類・商品ごとに、含まれている純エタノール量は異なります。また、体調や体型による差もあります。一概に上記の量までお酒を飲んでもいいとは言えません。自分の体と相談して、糖尿病発症のリスクが低いようなお酒の楽しみ方を見つけてみましょう。

お酒のお供にミシュラン三つ星シェフの冷凍お弁当を♪

お酒のお供にも、おいしいプラスはいかがでしょうか。
無添加でヘルシーな、三つ星シェフの料理で、お酒の席がさらに楽しくなるかもしれません。

参考:厚生労働省「アルコールと糖尿病

参考:厚生労働省「糖尿病

  • SHARE
BACK TO BLOG